2014年4月 のアーカイブ

ゴールデンウィークの診察時間について

2014年4月28日 月曜日

さて、いよいよゴールデンウィークに突入です。(もう突入されている方もいらっしゃいますね)

うーん、羨ましい(笑)

 

当院のゴールデンウィーク中の診察ですが、全日暦通りの診察になります。

 

要は

・金曜日は休診

・その他の祭日は日曜日と同じ診察時間(午前:9時半から12時、午後:1時から4時)

・カレンダー上で平日の日は平日の診察時間(午前:9時半から12時、午後3時半から7時)

…ということです。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也

ノミ・ダニの感染症について

2014年4月28日 月曜日

本格的に暖かくなってきて、上着いらずの散歩が楽しい季節ですね。小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんばんは。

 

今回は以前に予告させて頂いていたノミ・ダニの予防とその薬についてです。

ここで注釈。

 

※※※当院でフィラリア・ノミ・ダニのお薬を購入された方へ※※※

5月1日から投薬開始をアナウンスしていたのですが再度計算した所、フィラリア薬が1回分不足していることに気付きました。処方を受けた方には順次連絡させていただく予定でいますが、フィラリア薬は6回分必要です!ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。既に五回分お渡ししている方には無料でもう一回分お渡しいたしますのでお時間のお有りの時にでも病院までお越しいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

さて、ノミとダニの話なのですがまず今回は各々の生態について書きたいと思います。せっかくなので蚊についても書いてみます。

蚊…蚊は、成虫と幼虫の住む場所が、まったく異なります。
蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中で暮らしています。卵から成虫に羽化するまで、水の中での生活が続きます。

その生息場所もさまざまで下水溝・雨水マス・空き缶・古タイヤ・竹の切株・墓地の花立など水が溜まる場所は、すべて蚊の発生源となります。
また、羽化した成虫は木陰などに潜み、産卵するために雌の蚊が吸血します。なお雄の蚊は吸血しません。

雄・雌共に花の蜜や果物の汁、樹液などを食物にしていますが、雌は産卵のために吸血します。
吸血するとそれを消化吸収して卵巣を発達させ、4~5日後に300粒程度の卵を産みます。卵は2~5日で幼虫(いわゆるボウフラ)となり、それから7~10日で4回脱皮してサナギ(オニボウフラ)になり、さらに3日ほどで成虫に。つまり2週間程度で成虫になります。

蚊はボウフラからサナギになっても泳ぎます。この季節の蚊の一生は、卵から成虫になるまでに10日です。成虫になるとおよそ一ヶ月間生きますので、平均して4~5回血を吸って卵を産みます。
産卵場所には必ず雨水のたまる所が選ばれ、卵は乾燥にも強いので、どんな小さな水源であっても周期的に水のたまる所なら確実に育ちます。

フィラリアについて言うと、成虫が交尾して産んだミクロフィラリアが蚊の吸血とともに蚊の体内に入り3回の脱皮を経て感染仔虫になります。仔虫は蚊の嘴の鞘の中に移動して、蚊の吸血の際に開く鞘から落ちて体表にいたり、自力で吸血孔から動物体内に入ります。体内に入った仔虫は近くの皮下組織や脂肪・筋肉の中で2、3ヶ月成長して血管に移行して心臓の右心房で留まります。ここでオスとメスが出会うと交尾してミクロフィラリアを生む事になります。

 

ノミ…ノミは、卵、幼虫、さなぎ、成虫と成長し、それぞれの段階が殺虫剤に対して異なった抵抗性を示します。このため動物の体の上や環境からすべてのノミを取り除くことは大変難しかったのです。
動物に寄生したノミの成虫は、ほとんど動物の体から離れず、吸血と一日当たり20~50個という産卵を繰り返し、最長4ヶ月まで生存し産卵することが可能です。
【1】 犬や猫に寄生したノミは、そこで血を吸い、交接をして、卵を産みます。
【2】 卵はその後すぐに動物のまわりに落下し、そこで幼虫になります。
【3】 幼虫はノミ成虫の糞などを食べ、脱皮を繰り返し、繭を作ってさなぎになります。
【4】 さなぎは繭の中で成虫の形になり、二酸化炭素や熱、近くを通過する動物の物理的な圧力や振動によって孵化し、成虫となり、再び動物に寄生します。

ノミにはイヌノミとネコノミなどがいます。イヌノミはイヌノミ、ネコノミは犬と猫に寄生が可能で、現在確認されるノミの90%がネコノミです。成虫でいる期間も長いですが特筆すべきはサナギの時期です。環境が良ければ4日で成虫になりますが、環境が悪ければ7ヶ月間はサナギのままで維持し、その間に環境が良くなれば成虫になります。

ノラ猫のノミ保有率が高く1年中感染の機会があります。

ノラネコが歩く→成虫を落とす→成虫が次の宿主を探す→犬(猫)が近くを歩く→寄生

そして人が刺されると激烈に痒いです。僕の感覚的には虻よりも痛痒くしかも1周間は続きます。

 

ダニ…ここで言うダニとはマダニのことであり、環境中にたくさんいる微小ダニ(ハウスダストマイト)とは異なるものです。ちなみにごく微小なダニをマイト、大きなダニのことをチックといいます。

ダニの種類は色々ありますが簡単に書くと幼ダニが吸血する→地面に落下して脱皮して若ダニに→若ダニが吸血する→若ダニが落下して脱皮して成ダニに→成ダニが吸血する→メスが血を吸いきると地面に落下して2週間で3000個位の卵を産卵する。産卵したメスは死亡。

重要なのは地面に落ちたダニは草の先端に移動して、近くを通る動物の振動・体温などに反応して飛び移ることです。僕が「公園に散歩に行くならダニ予防も」といっている根拠はここにあります。

 

次回は効率的な外部寄生虫(蚊・ノミ・ダニ)の予防方法について書きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

病院ホームページ改定に伴う変更事項について

2014年4月22日 火曜日

暖かい日や寒い日の差が激しい日が続いております。

蚊・ノミ・ダニの活動性が活発になる「平均気温13℃」の区別がつきにくく、5月1日から予防を開始してくださいとアナウンスしているにもかかわらず「今年はこれでいいのか?」と悩んでいる院長の小野寺です。こんばんは。

 

前回「次回はノミ・ダニの予防についてです」と言っておきながら今回はホームページ改定に伴う内容変更についてのお知らせです。近日中にノミ・ダニについてのブログは書かせていただきますのでご容赦下さい。非常に簡単な内容については

・ノミ・ダニの予防は生活環境によって左右される。そのため年間を通じての予防を勧める場合もあれば蚊の活動時期と同じ5月からの予防開始を勧める場合がある。

・ノミ・ダニ予防は、少なくとも散歩コースに公園のない動物には重要性は高くない。

・屋内外の猫ちゃんの場合、予防は重要視される事柄ではない。

・不特定多数の動物とすれ違う生活の動物の場合、他の飼主の方への責任を果たすためにも予防は必要である。

…ということです。

もっとぶっちゃければ「かからないのであれば予防の必要性なし、かかる可能性があるのであれば必要性あり。でも感染症はかかる可能性は0にはならないので出来れば予防してくださいね」ということです。うーん、乱暴なまとめ方。

 

さて、ホームページ改定についてですが、主な理由は消費税の増税に伴う変更と、どうやら当ホームページは料金について分かりにくいのではないかと思ったからです。もっと言えば透明性に欠けると。以下にかいつまんだ内容と料金について記載したいと思います。

・当院は予約診療を実施していますが、これは飼い主様の待ち時間を減らすための処置であり完全予約制というわけではありません。動物病院という特性上、診察の具合によって予約いただいた飼い主様にお待ち頂く場合がございます。なるべく迅速な診察と処置を心がけておりますのでご理解いただけると幸いです。

 

・料金形態について

下記記載は消費税込まずの金額であり、会計時には別途消費税8%が加算されます。当院は10円以 下切り捨てです。会計時の1の位は全て0になります。

初来院(病院に始めてきた)…500円

初診(動物が、その症状を示すのが初めてである)…1000円

再診(動物が以前にも同じ症状を呈したことがある。数年前でも可)…500円

処置料(内容によって変化)…500円、1000円、1500円、3000円、3500円、5000円。

500円…フィラリア検査、糞便検査、耳垢の顕微鏡検査など

1000円…耳への薬剤注入、針吸引顕微鏡検査など

1500円…院内抗生物質投与(皮下注射)、軽度無麻酔歯石除去など

3000円…中等度無麻酔歯石除去など

3500円…持続作用型抗生物質皮下注射(5kgまで)など

5000円…持続作用型抗生物質皮下注射(5kg~10kg)、皮膚腫瘤摘除手術など

 

血液検査…血球算定(白血球数や貧血の数値の測定)…3000円

血液生化学的検査(肝臓酵素の数値などの測定)…1項目600円

電解質検査(ナトリウム・カリウム・塩素の測定)…1200円

CRP(全身炎症反応の検査)…2000円(検出限界以上の場合の再検査+1000円)

猫のFIV/FeLV検査、cPL(膵炎の指標検査)…5000円

その他の特殊検査…ご確認ください。(差が大きいため=検査原価幅が大きいため)

 

レントゲン検査

2方向…4000円

中型犬1方向…2500円(2方向5000円)

バリウム検査…10000円(撮影した枚数は関係なし)

 

病理組織検査…9000円(検査結果資料、組織検査の写真を含む)

 

麻酔料

局所麻酔…1500円(使用麻酔薬量による。最大4500円)

全身麻酔…5000円(どの方法で麻酔した場合であっても。また術中点滴・留置針設置料金を含む)

 

手術料

猫の去勢(オス猫の中性化)…10000円

猫の避妊(メス猫の中性化)…20000円

犬の去勢(オス犬の中性化)…15000円(ただし6kgまで。体重により5000円区切りで加算)

犬の避妊(メス犬の中性化)…25000円(ただし6kgまで。体重により5000円区切りで加算)

歯石除去…15000円(ただし上顎犬歯の抜歯は1本毎に+5000円)

 

爪切り・肛門腺絞り…各500円、血液検査と同時の場合は無料。

 

内服薬

抗生物質…1日200円~(体重に依存)

ウルソデキシコール酸…1日50円~(体重に依存)

血管拡張薬…1日70円~(体重に依存)

その他…ご確認下さい(薬価に依存)

 

入院…半日1750円(体重に依存、半日精算)

点滴…半日1500円(体重に依存、半日精算)

特殊点滴…心臓病・膵炎・低蛋白血症等の場合…半日2500円(体重に依存、半日精算)

 

…大体こんなところでしょうか。

病院の料金表を全て記載したわけではないのですが特殊な場合以外のことは書かせていただいたつもりです。ご質問などありましたらご確認いいただければ幸いです。

 

また、当院は手計算です。気をつけてはおりますが、もしも計算書にご不明な点などございましたらご確認下さい。また、効果の無かった薬については返金も致しております。(全てではありません、念のため)

併せてご確認いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也

ノラネコちゃんの治療と手術について

2014年4月16日 水曜日

ノミとダニなどの体表につく寄生虫のことを外部寄生虫というのですが、この話は長くなりますので次回にでも取り上げさせていただきます。今回は無飼い主動物(俗にいう野良犬・野良猫)についてです。

 

東京都都市部で野良犬を見かけることはまずないかと思いますので野良猫ちゃんの話を中心にさせていただきたいと思います。

 

皆さんは野良猫ちゃんたちに対してどのようなお考えをお持ちでしょうか?

・野良猫は病気の媒介となるので全て駆除すべきである。

・野良猫といえども命、出来る限りその生を全うさせるべきである・

・野良猫の幸せは願うべきであるが、今以上に同じ立場の動物を増やさないようにするため、避妊・去勢を積極的に行うべきである。

・強制的な不妊手術の実施は可哀想である。

・そもそも野良猫にした人間がいるのであればそのような人間に罰則を与えるべきだ。

…などなど様々な意見があるはずです。上記は以前に参加した意見交流会で実際に聞いたことを簡約させていただいたものです。

 

誤解しないでいただきたいことは、上記の意見はすべて「正しい」ということです。

小動物が嫌い・もしくはその害を著しく受けていらっしゃる方は強い減少方法を望まれますし、

そうでない方は動物の負担になりにくい方法を選ばれる事が多いですし、

動物の世話に幸福を感じていらっしゃる方は極力手を下さない方法を希望されるものです。

その全てはある意味正しいと思います。この理由は動物を飼っていない動物が嫌いな人、動物を飼っていないが動物が好きな人、動物を飼っているが無飼主動物が嫌いな人、動物を飼っており無飼い主動物も好きで幸せになって欲しい人…と立場が違う方たちの意見を同列に扱っているからです。

 

理想とする人と動物の共存関係にある社会とは何でしょうか?僕は以下のように考えます。

・動物が飼いたい人に対して、十分な知識を持つ人間がアドバイザーとして付き、適切な時期に適切なアドバイスを行うことが出来る。

・動物が苦手な人に対して、その苦手な原因が重要なものかを説明でき、嫌悪対象であっても自身の生活圏に侵入しない限り無害な関係が続くことを説明することが出来る。

・無飼い主動物の現状に対して正確な情報を把握しており、飼育動物との違いや及ぼし得る病害について適切なアドバイスを行うことが出来る。

・人道的な方法により無飼主動物の数の減少に貢献する。

ということです。

 

現実問題として無飼主動物は屋外で生活しています。繁殖は生物の正常な行動ですので増やせる機会があれば増えようとします。また、放棄という手段によって無飼主動物は増えます。飼育動物よりも過酷な環境にいる彼らの寿命は飼育動物に比べて明らかに短く半分から1/3位です。無飼主動物は自力で糊口を凌がなくてはいけませんから色々なものをいろいろな場所で食べます。

 

ここで僕の病院についてお話したいと思います。

 

当院の患者さんはほぼすべてが飼育動物であり、皆様思い思いに動物の健康に寄与する方法を実践されています。

 

これらの処置に際して、例えばノミやダニなどの外部寄生虫が感染している動物と飼い主様が飼っていらっしゃる飼育動物との接触を持つことは極力するべきでありません。

大きな病院であれば問題はないのだと思いますが、残念ながら当院の動物舎は2つ、手術室は1つです。どうしても完全隔離はできません。

今回このようなことを書かせていただいたのは中央区からの要請で傷病・無飼主動物の治療と、無飼主動物の中性化手術(避妊・去勢のこと)の協力病院にならないかとのお話をいただき、受任したからです。

このため当院が取ろうと思っている対策としては

・無飼主動物にはまず外部寄生虫駆虫薬を使用し、1日経過してから来院してもらう。

・処置の際に内部寄生虫薬を投与する。ただし虫卵は体にも付着している可能性があるので極力接触はさせないのはもちろん、消毒・清掃を心がける。

・手術後の個体は可能な限り飼育動物と隔離する。(第二入院室にも動物がいる場合は院長室=僕の寝室になります(笑))

 

僕の考えとしては

・無飼主動物は単なる「運」のみで無飼主動物になったのであって、飼育動物との間に治療の差があるべきではない。

・しかし現状無飼主動物はいなくなることなく増え続けており、人手が足らないことは明らかである。

・そもそも生まれて育ててもらった佃・月島地区の環境を良くする手伝いがしたい。

…ということで今後は無理の無い範囲で無飼主動物の治療を受け入れていきたいと思います。

 

一般の飼い主様方にはご不安やご心配をお掛けすることになり心苦しい限りですが、院内感染や事故が起こらないように尽力していきたいと思いますのでご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也

 

フィラリア予防、ノミ・ダニ予防について

2014年4月14日 月曜日

しばらくぶりに床屋に行った所、診察に使うヘッドライトや手術に使う手術帽のかぶり心地が変わって戸惑っている院長の小野寺です。こんばんは。どうでもいい入り方ですみません(笑)。

今回も時事ネタで、フィラリア予防とノミ・ダニ予防について書きたいと思います。

 

まず完璧な感染予防について書いてみますと

・地域的に動物が感染する可能性のある全ての感染症(ウイルス・細菌・寄生虫)について感染が成立しない、もしくは成立したとしても病害を与えない間隔で薬物を投与する。

…ことだと思います。この方法は感染症防御として間違いなく有効です。

具体的にはウイルスに対してのワクチン、フィラリア(線虫)・蠕虫全ての寄生虫を殺滅できる濃度の薬物の投与、予防効果が十分に得られているかの再評価検査でしょうか。

一方、感染していない病気の治療や予防のため定期的に薬を使っていくことにはやはり抵抗を感じます。投与する薬物の種類や量が増えれば動物の体への負担、飼い主様への金銭的な負担も増えるからです。予防に用いる薬は感染するリスク、すなわち生活環境によってかなり変わるのではないでしょうか?

 

僕の予防についての考え方、まず基本理念について書きたいと思います。それは

・フィラリア、ノミ、ダニは全て定期的な予防や駆虫で防御できるので対応はするべきである。

・駆虫薬は虫を殺す薬である以上、いずれであっても副作用があるので必要量以上の投与はしたくない。投与するならばなるべく負担にならないようにしたい。

・お腹の中に寄生する寄生虫については定期的な便の検査で検出したい。

…ということです。言い換えれば

・感染する可能性が低い感染症については駆虫を最低限度にしたい。もしくは見つけてから治療する。

・かける費用に対する薬の効果を最大限にしたい。

…ということです。大分乱暴な書き方ですが…

 

以下にフィラリアについて述べたいと思います。(ただしこれはあくまで僕自身の考えであり、製薬会社の説明書には則っていません。ご了理解いただけると幸いです。)また、少し長いのでノミとダニについては分けて書こうと思います。

 

☆フィラリア予防について

簡単に説明しますと、フィラリア(犬糸状虫)とは心臓に寄生する線虫(細長い形状の虫の意)で雌雄異体です。交尾して産んだミクロフィラリアは血液中を漂い、蚊に吸われます。ミクロフィラリアは蚊の体内で成長して感染仔虫となり、蚊のその後の吸血時に吸い傷近くに落下して自力で傷口に侵入して感染します。重要なのは蚊が媒介しない限り増えることはなく、感染することもないということです。例えば心臓に2匹の親虫がおり、血液中にミクロフィラリアがいる状態のワンちゃんでも生活環境に蚊がいなければ成虫はずっと2匹のままです。すなわち、近隣にフィラリアに感染しているワンちゃんがいない、もしくは蚊に刺される機会がない場合にはフィラリアの予防は必要性が低いことになります。(完全屋内飼いの場合はさらに低くなります。)

 

当病院でフィラリアの新たな感染を診ることは今までありませんが、すでに感染しているワンちゃんがいらっしゃる場合があります。これは保健所(特に他県)からワンちゃんを引き取った場合が多いです。このような場合、フィラリアによる心臓への負担が軽ければ、フィラリア予防薬を30日毎に内服することで対応します。(成虫駆虫薬は体への負担が強く、成虫が一度に死ぬと肺の複数箇所に詰まることでさらに危険なためです。)

 

それでも感染症である以上、感染率は0になることはありえません。濃厚感染すれば命にも影響する疾患ですので基本的には予防をお願いしています。ただし、動物の生活環境によっては必ずしも月に1度の投薬である必要はないと考えていますので予防薬の種類・投薬間隔についてはご質問いただければと思います。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也