2017年11月 のアーカイブ

診察に関する院長の独り言②

2017年11月2日 木曜日

急に寒かったり、今日は暑かったり、安定しない天気ですね。今日が診察日ならばむしろ気づかないのですが、本日は休診日なので普段の診察に関してちょっと考えてみています。

 

当院は「半予約制」であって「完全予約制」ではありません。これは医療という側面で予測出来ない事態が往々にして起きることを鑑みての選択です。ですので急患の方、調子の悪い方は直接(準備があるので可能であればご連絡の上)ご来院されて何の問題もありません。

 

僕が心配しているのは「予約の枠が埋まっております」とお応えした際に「じゃあ今日は診察できないということなのか」とお考えになってしまう飼主様がいらっしゃり、当院での診察が途中であるにもかかわらず他院にいってしまう場合があるのではないかということです。他院の診察診断能力について今回お話するつもりはありませんが、他の病院での治療の意図を汲むということは中々難しいものです。

 

簡単な症例を例に出します。外耳炎だとすると、外耳炎にはいくつかのステージがあり

●甚急性期:耳道が赤く腫れ上がり、耳垢が多量に貯留している状態

●急性期:耳道は赤いが腫脹はしておらず、耳垢が貯留している状態

●慢性期:耳道は正常色から発赤しており、少量の耳垢が貯留している状態

●鎮静期:耳道は正常食で耳垢の貯留が見られない状態

などです。

当院では甚急性期には消炎抗菌抗真菌製剤を入れて炎症た疼痛が治まるのを待ちます。その後急性期や慢性期に移行した時点で耳道の洗浄を行い、耳垢を完全に除去した状態を作ると同時に病原体の特定を行います。効果のあるお薬を含む薬剤を選別し、鎮静機を目指すのが当院の方法です。

 

ただ、中には耳垢除去を行わない獣医師もおり、症状として耳を掻く仕草がなければ良いとする獣医師もいます。

どの動物病院を選べるのは飼主様だけですのでご希望の病院を選ばれて下さい。

 

あと、ご予約で入ることが多いのが定期的な血液検査の飼主様です。

恒常的に肝臓や腎臓、甲状腺や心臓病のお薬を内服している場合、定期的な検査が必要となりますので。

この中では心臓の状態確認は幾分お時間を頂きますが、その他の疾患の場合は血液検査のみですので1枠30分の後半はほぼ空くと考えられ、他の診察に時間を当てることが可能です。

 

話がだいぶそれましたが当院の予約枠は30分1枠ですので、診察に30分かからない場合にはお待ちの飼主様の診察に当てることが可能です。時間が短いので「その間に手短に診察を済ませる」ということは僕の性格上絶対ありえませんので、必然、お待ちいただく時間は長くなります。ですが行い、お伝えできる情報の精度は予約の有無は関係ありませんのでご参考にしていただきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也