2019年4月 のアーカイブ

狂犬病予防接種についてと予約枠不足について

2019年4月21日 日曜日

昼は暖かく、夜は肌寒い程度、という1年で最も過ごしやすい気候にやっとなってきました。

夏は暑いからと外に出ず、冬も寒いからと外に出ない生活をしている僕が少々活動的になる時期です。

小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんにちは。

 

現在狂犬病ワクチン接種の法定期間真っ只中ということで、当院でも連日ワクチン接種を複数行っています。

当院ではワクチンの特性と危険性を考慮して、ワクチン接種は午前中に行うことを推奨しています。

このため午前中の予約枠のほぼ全てが狂犬病ワクチン接種・寄生虫予防の予約で一杯になり、ご予約が受けづらい状況になってしまっていることを大変申し訳なく思っています。

特に新規の飼い主様において午前中を希望されるとすでに5月後半まで枠がないためお待たせしてしまう状況です。1ヶ月様子が見られるような病態であれば良いのですが、急性で強い症状(元気や食欲に影響が出るくらいの症状が突然現れた場合)が出た場合に治療できないことは全くもって僕にとって不本意です。お待ちいただくことをご了承いただければ必ずしっかりと診察いたしますのでご連絡の上ご来院ください。なお、ワクチン接種の予約が集中しない午後であれば診察可能な場合は多くあります。

 

急性アレルギーであるアナフィラキシーショックなどはワクチン接種後15分以内に起きるものですので院内にて20分待機していただいていますが、遅延型アレルギーはワクチン接種後4時間から48時間以内に起こります。このうちの殆どは4時間から8時間で起こりますので起きた際に詳細を知っている病院(この場合は当院)が対処することが望ましいと考えています。

「遅い時間にワクチンを接種するけれど、副作用が出たら開いている病院を訪ねてください」ということは本意でないため午前中と午後の極めて早い時間以外のワクチン接種を僕は推奨しません。そもそもワクチンという予防治療を「ある限定期間中」に接種しなければいけないということは、ワクチンの特性に即していないと言えるかと思います。

飼い主さんが無理なくワクチン接種を動物に受けさせられて、十分様子の観察ができる日に接種することが動物主体の観点から見れば望ましいかと思います。

 

しかし、狂犬病ワクチンに関しては少し事情が違います。4月1日から5月31日までの期間が法律で定められている狂犬病ワクチン接種期間だからです。

ただしこの期間を少々外れても、年度内にワクチン接種を行えば格別大きな問題にはなりません。

東京都であれば、例えば年度内にワクチン接種を行っていない状態で人や他の動物に咬傷事故を負わせた場合、週に1回計3回、動物病院にて「狂犬病に罹患している兆候がない」証明書を獲得する必要が出てしまいます。

また、登録を行っていない動物の場合には即時抑留、もしくは予防員や捕獲人により確保される可能性があることを留意していなくてはいけません。

ただし、何らかの継続的な治療を受けていたり体調不良がある場合などには「狂犬病予防接種猶予証明書」をお渡しすることが可能です。この証明書は本年度の予防接種を接種したことにできるような力のある証明書ではなく「今年の指定期間に予防接種を受けなかったことには理由があるから秋の督促状を送る必要はありませんよ」というものです。必要がありましたら即時無料で発行しますのでご相談ください。

 

まとめてみるとこんな感じです。

1.当院の予約がとりにくい状態については僕の不徳の致すところです。可能であれば集団接種にて接種していただき、都合が合わない場合には当院での接種をお考えください。

2.4月から6月までの法定接種時期を外れることは望ましくないですが、事情がお有りならば時期を外れた場合でも狂犬病ワクチン接種は可能です。

3.ワクチン接種はすべからく、様子を確認できて、病院が対応できる時間帯に接種することが望ましいと思います。

4.継続的な治療を受けていたり体調不良がある場合などには「狂犬病予防接種猶予証明書」をお渡しすることが可能。ただし秋の督促状が不要である旨を通知するものであり接種したかわりにはなり得ません。必要がありましたら即時無料で発行します。

5.狂犬病ワクチンを行わず、登録を行わない行為は「動物が暫くの間、見知らぬ場所で、狭いケージに入れられ、可愛がられもせず、フード単独の食餌で飼育される状況」を起こしかねない行為です。「動物が幸せで長生きできる環境を作る手伝いをする」ことが臨床獣医師の使命と思っている僕には到底容認できかねますのでワンコが未登録の場合には来院時毎回注意します。

 

といったところでしょうか。

 

疑問点などがありましたらメールにて当院までご質問いただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也