2019年6月 のアーカイブ

局所麻酔薬の「便利さ」について

2019年6月10日 月曜日

関東地方の梅雨入りから1週間が経ちました。

「今年は春から高気温が続いていたから空梅雨だろうなぁ」と思っていたのですが連日続く雨…体験談(医学ではミニマムデータベースといい、「昔似たような症例はこれで治った」という類のもの。統計学的には最も信用度が低い)はあてにならないと言われているような気すらします。

5割増で家に引きこもっている小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんばんは。

 

今日のお題は「局所麻酔薬」です。

こう書くとピンとこないかもしれませんが、大抵の方には使用経験があるものです。

歯医者さんにいったときに処置の前に「麻酔しますね~」と言われて注射されるアレ。あれが局所麻酔薬の代表格であるキシロカインです。

2から3時間程度で触覚・痛覚が戻ってくるアレは歯の処置のみでなく多くの麻酔分野にて活用されています。

人医療の分野では「腰椎麻酔」や「硬膜外麻酔」など意識を保ったまま下半身の痛覚を遮断する麻酔手技に用いられます。ただし、この場合は手術手技に時間がかかるためキシロカインよりも麻酔時間が長いブピバカインが用いられます。

 

当院での局所麻酔では「すぐに効いてほしいし、長い時間効いてもほしい」という僕の希望からキシロカインとブピバカインの混合液を使用することが多いです。

 

さて、これらの局所麻酔薬の使用の何が「素晴らしい」かというと

①疼痛を感じさせないことで動物が手術されていることに気づかない。

②局所麻酔薬自体は創(傷)の治癒に悪い影響を及ぼさない。

③神経ブロック(浸潤麻酔)を用いることで、比較的広範囲の疼痛を及ぼす手技も可能になる。

…ということです。

 

体表の腫瘤(イボ)を取るために全身麻酔をする…と獣医師に言われたときに皆さんはどう感じるでしょうか。

「全身麻酔が必要なほど大事なんだ」「全身麻酔は死んでしまうようなイメージがあって怖いな」「そこまでしなければいけないような病気なのかな?」

…と、感じることは様々だと思いますが、多くの場合そのイメージは「良くないもの」ではないでしょうか。

そのイメージは間違っていません。麻酔手技のリスクは全身麻酔>鎮静>局所麻酔の順で高いからです。

 

一方獣医師(僕)の方の都合を考えてみると、極力リスクが少なくベネフィット(利益)が高い治療方法を提案しているつもりです。なぜなら麻酔事故など起こしたくありませんし、手術失技も起こしたくありませんし、噛まれたりもしたくないからです。

 

ですので当院では局所麻酔で可能な手技は局所麻酔で、鎮静が必要な場合は鎮静を併用して、どうしても全身麻酔が必要な場合は全身麻酔を用いて手術を行います。全身麻酔を用いなければ動物がどうしても痛みを感じたり、動いてしまうことで事故の原因になったりする場合には提案するようにしています。

 

少し話が逸れてしまいましたが今回のブログで強調したいことは③の浸潤麻酔を用いれば断指、断尾、ある程度深い部位の腫瘤摘除は痛みなく行うことが可能だということです。もちろん保定者の腕の中にいるわけですからノーストレスというわけには行きませんが、パニックになったり過剰に恐怖を感じる気質でなければ局所麻酔で行えることは多くあります。

全身麻酔のリスクを考慮することで治療を諦めてしまうような事柄がありましたら、一度ご相談いただけると意外とアッサリ解決できることもあるかもしれません。

 

よろしければご相談ください。

 

「こんななんだけどどう思います?」的な質問がありましたら当ホームページのお問い合わせ欄からご相談ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也