狂犬病予防接種・ノミダニ予防・フィラリア症予防について

2021年3月18日

もうすぐ緊急事態宣言が解除されるようですね。

ですが新型コロナウイルス感染症の現状はほぼ変化していません。

こまめな手指消毒を行う、手指消毒していない状態で目鼻口を触らない、メガネを掛ける、などは感染予防に有効です。

宣言が解除された後も継続していきたいものですね。

小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんにちは。

 

今月3日から2021年度の狂犬病予防注射の接種が可能になりました。

今年もワンちゃんの飼主様にハガキをお送りする予定でいます。

ネコちゃんには狂犬病予防接種は関係ありませんので、ネコちゃんの飼主様には秋ごろに健康診断・ワクチン接種時期確認のハガキをお送りするつもりでいます。

今年は新型コロナウイルス感染症のことがありますので予防については無理のない範囲で行っていただければと思います。

「無理のない範囲」というのは混雑を避け、来院せずに済むことは来院せずにすませましょう、という意味です。

 

ワンちゃんの飼い主様へのハガキの内容は

①狂犬病ワクチンの接種を3から6月にお願いする旨、ただし難しければ無理のない範囲で日付を変更する旨。

②中央区の集合注射が4月7から10日に行われる旨。

③外出するワンちゃんで、必要があると思われる場合には5月からフィラリア駆虫薬の内服を開始する旨。

④外出するワンちゃんに5月からノミ・ダニ予防を開始する旨。内服タイプのノミ・ダニ予防薬は勧めない旨。

⑤前回の混合ワクチン接種年が不明の場合には病院におたずねいただきたい旨。

です。

 

フィラリア症予防の薬の内服は事前の血液検査が必須です。

僕は都市部に済む犬のフィラリア症予防にあまり積極的ではありません。

なので、検査せずに内服を開始するくらいなら飲まずに過ごしていただき、来院時にでも検査することをおすすめします。

 

ノミ・ダニの予防薬は郵送対応も可能ですので必要な方はご連絡ください。

当院で処方する場合には予防を行う日付を記入したプリントをお渡ししています。

また、万が一当院処方のノミ・ダニ予防薬によると思われる体調不良があった場合には治療を優遇し、不要な予防薬の返金を行います。

通販でも購入できる時代ですが、病院での処方をおすすめします。

 

<補足>

①狂犬病ワクチンの接種は現行法でもっとも重要な「義務」にあたります。延期する事由がない場合、可能であれば6月までの接種が必要です。

ただし治療中の疾病がある、以前のワクチン接種で有害事象が認められた、十分な老齢である、などの事由がある場合にはワクチン接種を猶予できる場合があります。

詳しくは当院までお尋ねください。

また、当院では狂犬病ワクチン接種済鑑札札の申請代行は行っていません。ワクチン接種後、各地域の保健所に申請頂く必要がありますので予めご了承下さい。

 

③基本的に僕は中央区でフィラリア症にかかること、特に重症化することがあるとは考えていません。フィラリアがいるワンちゃんでも、しっかりと駆虫されていれば感染源にはなりませんが全てのワンちゃんがされているとは限りません。そこで当院では

・散歩に出ない、出ても近所だけのワンちゃん→予防の必要はとても低い。

・人気のコースを散歩するワンちゃん→予防の必要はまあまあ。

・ドッグランに行ったり東京都外に出かけるワンちゃん→予防の必要は高め。

…として、飼主様と相談して処方するかを決めるようにしています。

 

④ノミやダニは、散歩に出るワンちゃんは感染する可能性があり、感染してから気づかれるまで時間がかかってしまう場合があるため予防をお願いしています。もちろん出かけない場合には必要ありません。当院では皮膚への刺激性が比較的低いスポットオンタイプの外用薬をおすすめしています。ただし内服したほうがメリットが多い場合のために内服薬も用意してありますのでご相談下さい。(当院ではネクスガードは取り扱っていません。理由としては前述しましたように全部のワンちゃんにフィラリア駆虫の必要があるとは考えておらず、また内服型の駆虫薬は虫に吸血されないと効果がないからです。)

 

⑤当院では世界小動物獣医師会(WSAVA)の提言にそって、成犬成猫の混合ワクチンは3年以上接種間隔をあけるように提案しています。

今年接種すべきかどうかをご質問いただければお答えできますのでお気軽におたずねください。

また、ホテルやサロン、ドッグランを利用するにあたって1年以内の接種の必要がある場合には接種することも可能ですので、こちらについても必要であればご相談下さい。

 

これら予防医療について僕は「必要最小な物を、必要最低限使って予防すべき」と考えています。

何が最小に当たり、どれぐらいが最低限になるかは生活の仕方によって異なりますのでご相談下さい。

予防医療はワクチンやフィラリア・ノミ・ダニ予防が全てではありません。病気になりにくい体、なっても治りやすい体を作ることが大切です。

体は100%摂取したもので作られます。食餌や生活環境が大切ですのでよければご相談ください。

 

最近電話でのお問い合わせに応じられないことが多く、申し訳ないと思っています。メールでも返信いたしますので可能であればよろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

 

 

年末年始の休診と膝蓋骨マッサージについて

2020年12月4日

何やら急に寒くなってきましたね…とはいっても、もともと寒くなっている時期なのに暖かかっただけでしょうか。

寒いの大嫌いな院長の小野寺です。こんばんは。

 

年末年始なのですが今年も正月休みをいただきます。休診期間は12月30日から1月3日まで。

年内は29日まで、年始は4日から診察する予定です。

29日は終日通常通りに診察しますが、翌日から連絡がつかなくなるため手術は行わない予定です。

 

寒くなってきて筋肉が萎縮するのか先月から急に膝蓋骨内方脱臼の症例が多くなってきました。

(本当に関連するかは不明ですよ)

一定以上のグレード(症状の重篤度の区分けの事、1から4まであります)では手術(滑車溝増溝術、程度により脛骨粗面置換術の併用)を推奨するのですが幸いみな比較的軽度のグレードだったため「膝蓋骨マッサージ」による治療で、臨床症状が消えてくれています。

 

ここで言う臨床症状とは「飼い主さんが気づくようなはっきりとした症状」のことを指し、具体的には

・散歩中に急に片足を挙上する。場合により痛がる

・抱いたときなどに足からコキッという振動が聞こえる。場合により痛がる。

・散歩中などに後肢を後方に伸ばす仕草がある。その後は普通に歩くようになる。

などの症状のことです。

 

誤解のないように書いておきますがマッサージはあくまで対症療法であり、根治療法は手術です。ですがマッサージで外れにくくすることで膝蓋骨が滑車溝にはまっている時間が長くなれば骨の変形が起きにくくなるのは道理です。外れる頻度が確実に短くなった場合には徐々に頻度は落とし大体6から10回くらいの施術で終了にしています。時間は5分程度、料金は1650円(税込み)です。

 

特に気をつけたいこととしては痛がる症状が消えたことで改善したと勘違いすることです。膝蓋骨が滑車溝からこぼれる際に痛みを発現するため、こぼれっぱなし(外れっぱなし)になると症状は認められなくなります。この状態が膝蓋骨内方脱臼グレード3であり、常に下腿(脛の骨)が内転する力がかかるため変形が進んでしまいます。変形の進行は膝関節に無理な応力をかけ続けることとなり、壮齢・老齢時の前十字靭帯断裂の原因になってしまいます。

 

しばしば跛行が見られる場合にはもちろん、過去に片足の跛行が見られたが今は消えている場合にもご相談いただければと思います。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

 

診察・手術・健康診断の料金について

2020年10月3日

動物病院での診察や手術の金額は飼い主様にとって関心事の一つかと思います。

 

先日想定していた手術の金額と違うとのことで(電話に行くふりをして会計せずに無断で)帰られた飼い主様がいらっしゃったので、手術の金額について詳しく書いてみようと思います。

 

当院のサイトの診療案内の項目の中でも金額の目安を掲載しているのですが、もしも(帰ってしまった飼い主さんとは違う、まともで善良な)飼い主様を惑わせてしまっていたら申し訳ないのでこのブログで説明させていただこうと思います。

.

前提として、行う手技が決まっている事柄については金額が決まっていますが、手技が決まっていない事柄は金額が決まっていません。

なので例えば「動物の具合が悪そうだけれどいくらかかるか」という質問には答えられません。どんな状態であり、どんな検査や治療が必要かが事前に分からないためです。

.

※2020年12月5日追記:たくさんの反響があり、そのほとんどが「分かりにくい」というものでした…orz。書き直してみたのでご確認ください。

.

細かい金額や手技各々の金額が並びますので正直とても長いです。なのでまず要点だけを書きますね。ご不明点は病院にご連絡ください。

 

・初めての来院時には1650円(税込み・以下略)、再診時550円かかる。

 

・事前検査・エリザベスカラー料金まで含んだ、犬去勢手術の総合計は45540円犬避妊手術は56540円猫去勢手術は37290円、猫避妊手術は48840円である。ただし犬の去勢・避妊手術は体重により加算する場合がある。

 

・中性化手術自体の料金は猫♂11000円、猫♀22000円、犬♂16500円、犬♀27500円である。ただし犬は体重により加算がある。ただしこれらは通常の精巣摘除術、卵巣摘除術の料金で、手術内容が一般的な手技と異なる場合(潜在精巣がある、子宮水腫があるなど)内容により加算がある場合がある。

 

・鎮静下歯石除去は鎮静と歯石除去合わせて19800円からで、歯石の量、体重、抜歯の有無、術後の抗生物質の要不要により金額が異なる。術前検査は必要。大きな歯(犬歯、第4前臼歯、後臼歯)の抜歯は鎮静化では無痛で行えないため不可。

 

・ワクチン接種だけの場合、手術当日には再診料は発生しない。

 

・狂犬病ワクチン接種3300円、犬6種混合ワクチン7700円、猫3種混合ワクチン5500円かかる。これら以外のワクチンは事前連絡と準備時間が必要。

 

・健康診断の場合、年齢・性別・基礎疾患の有無により金額が異なる。血液検査の場合犬で14300円・猫で12100円、レントゲン検査で4400円、腹部超音波検査で4400円でこれらの組み合わせになる。ただし一般身体検査(問診・聴診・視診・視診・耳道の確認・腹部触診・目の確認・歯石の確認)は無料で行う。

 

・爪切り、肛門腺しぼりは500円、足裏バリカン500円です。爪切り単独、肛門腺絞り単独、爪切り肛門腺絞り両方はすべて500円です。以前は10000円以上の場合爪切り・肛門腺絞りは無料としていましたが、12月より定額とさせていただきました。これらの処置だけで来院された場合には再診料は発生しません。

 

●初来院料や診察料について

初来院料(550円)は初めて当院にいらっしゃった場合に発生します。カルテケースの金額と考えて間違いありません。

初診料(1100円)は初めて当院にいらっしゃった場合に発生します。カルテ表紙の金額と考えて間違いありません。

再診料(550円)は動物を連れて病院にいらっしゃった場合に発生します。お薬のみの処方や日常ケア(爪切り、肛門腺絞り)の場合には発生しません。

本当は初めて認められた症状の場合には初診料が発生するものらしいのですが、区別が手間なので基本的に初診と再診を分けていません。多分近々診察料(550円)に統合すると思います。

 

●手術について

多くの動物が経験する手術が中性化手術だと思います。中性化とは性をなくすという意味で、去勢手術、避妊手術がこれにあたります。

中性化手術に関連する検査や処置について細かく書きますと

・全身麻酔をかけることができるかの事前検査(血液検査やレントゲン検査など)

・全身麻酔をかける際の手技(静脈留置設置、全身麻酔投与、気管挿管、ガス麻酔による維持、術中点滴、術中保温、麻酔状態の管理)

・手術時の必須手技(事前の抗生物質投与、事前の鎮痛剤投与)

・手術手技

・術後内服薬(抗生物質、鎮痛剤)、エリザベスカラーの処方

・抜糸

になります。これらの合計を通常「総料金」と呼びます。当院だとコミコミと言ったりします。

ポイントは手術手技だけを「手術料金」と謳っている場合があることで、麻酔・手術・その他の合計で確認することをおすすめします。

 

当院の設定金額は

・初来院料(550円)+初診料(1100円)

・事前検査→血液検査7700円~犬健康診断セット15400円(動物の年齢により勧める血液検査が異なります)

場合によりレントゲン検査→4400円~

・全身麻酔をかける際の手技→5500円~(麻酔に関わる全ての料金。1.5時間を超えると5500円追加)

・手術時の必須手技→抗生物質投与1650円、局所麻酔薬投与1650円、事前の鎮痛剤投与1650円(局所麻酔薬・鎮痛剤は使用しない場合もある)

・手術手技→犬去勢手術16500円~、犬避妊手術27500円~、猫去勢手術11000円、猫避妊手術22000円~、

(5kg以上で+5500円、以降5kgごとに5500円ずつ加算)

・術後内服薬の処方→抗生物質基本7日間1日220~440円、鎮痛剤基本4日間1日110~330円)

・エリザベスカラー代770~1650円。術後衣は傷口の確認がしにくいため推奨しません。

・抜糸→無料

 

例えば、4kgの犬、男の仔(去勢手術)、事前検査で健康診断セット血液検査を選択した場合には、

・初来院料(550円)+初診料(1100円)+事前検査(15400円)+全身麻酔手技(5500円)+抗生物質注射1650円+犬去勢手術16500円+術後抗生物質基本7日間1日330円=2310円、鎮痛剤4日間1日220円=880円、エリザベスカラー1650円 総合計45540円になります。

動物の現況がわかっている場合でしたら金額の計算が可能です。ご確認ください。

 

●中性化手術よりも多く当院で実施しているのが「鎮静下歯石除去」で、次いで局所麻酔を併用した残存乳歯の抜歯があります。

こちらは全身麻酔ではなく鎮静という「動物がだるくて動こうとしない」状態で超音波により歯石を除去する方法です。

・事前検査→血液検査7700~15400円、レントゲン検査→4400円~(レントゲンは不要な場合が多い、打診で十分)

・鎮静をかける際の手技→3300円~(鎮静をする注射1650円、鎮静を解く注射1650円)

・鎮静の必須手技→場合により抗生物質投与1650円、超音波歯石除去のみでは不要。

・歯石除去手技→16500円~(一定時間以上で+5500円、抜歯を行う場合従量制で加算)

・犬の犬歯乳歯の抜歯の場合1本最大4000円、その他の抜歯の場合程度により異なるが1本最大4000円。

・術後内服薬の処方→抜歯を行う場合に処方(抗生物質基本7日間1日220~440円、鎮痛剤基本4日間1日110~330円))

 

例えば4kgの犬、事前検査で健康診断セット血液検査を選択した場合には、

・初来院料(550円)+初診料(1100円)+事前検査(15400円)+鎮静手技(3300円)+超音波歯石除去16500円

総合計36850円になります。

最近(3ヶ月以内)に血液検査を実施しており、動物の体調に変化がない場合は事前検査は不要ですので21450円です。

 

特にこの場合、全身麻酔ではないためアニコムさんに加入されている場合には処置に分類されます。なので手術枠を消費することなくほぼ半額が負担されることから「お得だなぁ」と個人的に思います。

 

●ワクチンについて

僕はそもそも、ワクチン接種を治療の一環に位置付けすることに疑問をいだいています。

そのため当院ではワクチン接種のみの場合には再診料を頂いていません。もちろん身体検査や検温はワクチン接種の際の必須手技ですので行います。

なお、当院は1歳齢以降の混合ワクチンは3年以上間を空けた接種を推奨しています。

 

狂犬病ワクチン:3300円

犬の6種混合ワクチン:7700円(税別)(6種以上のワクチンを希望の場合は要事前連絡、通常備蓄していません)

猫の3種混合ワクチン:5500円(税別)(3種以上のワクチンを希望の場合は要事前連絡、通常備蓄していません)

 

例えば初めて当院に来院して犬6種混合ワクチン接種を行う場合、

初来院料(550円)+初診料(1100円)+犬6種混合ワクチン接種料(7700円)で、合計9350円になります。

一方すでにカルテを作ってある狂犬病ワクチン接種の場合、

狂犬病ワクチン接種料(3300円)のみですので、合計3300円になります。

 

●健康診断について

健康診断の場合、検査内容と年齢・性別・基礎疾患の有無により金額が異なります。

一般身体検査(問診・聴診・視診・視診・耳道の確認・腹部触診・目の確認・歯石の確認)はすべて無料で行っています。料金が発生するのは初来院や初診料と各種院内検査を行った場合のみです。

血液検査の場合犬で14300円・猫で12100円、レントゲン検査で4400円、腹部超音波検査で4400円で、これらの組み合わせにより健康状態を確認します。

ただし最も重要な事柄として健康診断は「今の生活が体に無理をさせていないかを確認する検査」です。

健康診断で健康になるわけではありませんので勘違いをなさらぬようご注意ください。

体を作るのは主に食餌、体に刺激を与えるのは主に外部環境です。

 

この他に「この金額がちょっとわかりにくい」などの意見があれば、このブログに継ぎ足していく予定です。

なにか疑問がある場合にはお電話やメールにてご相談ください。可能な限りお答えいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お薬の処方とチェックについて

2020年9月3日

やっと秋らしい気温と天気になってきました。

長い夏だったなぁという印象が強い院長の小野寺です、こんばんは。

 

他院で内服薬の処方量を間違えられたため、信用できなくなり転院してこられるケースを見かけました。

処方量の間違いはもちろんいけません。場合によっては10倍の量を処方される場合も存在しえます。

ですが人が処方している以上間違える可能性はどうしても存在します。

 

処方の間違いを防ぐための当院独自の規則として

・粉薬の場合、粉薬にする前の錠剤数を僕(獣医師)が目視で確認する。

・粉薬にしたあとに分布の不均一・薬袋からの漏れがないか、僕が目視と官能試験(匂いで薬の漏れがないかを確認)で確認する。

・分割薬の場合、準備された分割する前の薬剤が指示と異なっていないかを僕が目視で確認する。

・分割薬の用量・個数が間違っていないかを僕が目視で確認する。

・薬の内服指示量・頻度の表記が間違っていないかを僕が目視で確認する。

 

としており、以上のチェックをした後に処方をしています。ですので処方するときの時間は、正直他院よりもかかっていると思います。

なので「今から行くので薬の準備をお願いします」というのはご勘弁ください。

 

それでも無くならないのがミスというものです。

「100回に1回ミスする人がダブルチェックしても、1万回に1回はミスが発生する。「万が一」は「あり得るから気をつけろ」という意味。」

という先輩の言葉が思い出されます。

さすがに1%の高確率でミスはしないと思いますが、しようと思ってミスする人などいませんよね。

 

万が一「あれ?いつもと薬の大きさが違うぞ?」とか「あれ?いつもと書いてある飲ませ方が違うぞ?」とか「あれ?いつもと粉薬の量が違うぞ?」いうことがありましたら、飲ませる前に必ずご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

 

 

 

 

 

当院のレジ袋はかわらず無料です。(レジ袋有料化について)

2020年7月4日

すごい強風が吹きすさんでいますね。秒速13mだそうです。

窓の外の電線がすごいたわんでいて少々不安な院長小野寺です。おはようございます。

ちなみにですが「吹きすさぶ」には笛をなぐさめに吹くという意味もありますよ。まあ今調べたんですけどね。

 

さて、去る7月1日から 容器包装リサイクル法の改定に伴い店頭小売の商品を入れるレジ袋の有料化が義務付けられました。

人のクリニックの院内処方では対象外、景品を入れる場合はも対象外、など場合により色々異なるようです。

ケースにより使い分けるのは少々煩わしいのと、現在流行中の新型コロナウイルス感染症の対策として待合室の混雑を極力減らす努力をしている中でやり取りに時間をかけることは僕には好ましく思えません。

 

ですので院内のレジ袋をすべて有料化対象外のレジ袋(植物由来ポリエチレン25%配合)に変更しました。

今後もレジ袋が必要かをお聞きし、必要ならば入れてお渡しする従来どおりのスタイルでいくつもりです。

 

ただ、マイバックの使用やレジ袋の再利用は資源保護の観点からも好ましいので、レジ袋がご不要な場合はお申し出ください。

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也