大分涼しくなってきました。今回は咳と心臓のお話です。

2013年9月25日

大分…というかここの所急に朝晩が涼しくなり、今日にいたっては雨も相まってかなり涼しく感じます。
院長の小野寺です、こんにちは。
なるべく更新しようと思ってみても性格が不精なのでかなり間隔が開いてしまいます。
まあ、まったり書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。

 

さて、急な気温の低下で問題になってくるのは呼吸器系と循環器系です。
呼吸器系が問題になる原因は、空気の乾燥と吸引する空気の温度が下がることが多いと思われます。
循環器系が問題になる原因は、気温が下がる事で血管が収縮して血圧が上がり、心臓への負荷が高まることがあります。
(もちろん疾患の進行が主原因ですが)

これらが同時に悪化しやすいこの時期には症状として発咳が多く見られます。
咳はその様子から乾性発咳と湿性発咳に別れ、前者は「カッカッ」とか「ケッケッ」という高く乾いた音が特徴です。
後者は「ゴーゴー」とか「ゲフッゲフッ」という低くタンが絡んだような音が特徴です。
全てではありませんが乾性発咳は上部呼吸器(喉頭、気管、気管支、肺)に起因することが多く、湿性発咳は下部呼吸器(肺)と循環器(心臓、大血管)に起因することが多いという特徴があります。

来院される症例の中でしばしば目にするのが「心臓が悪いので咳をすると言われ、薬を飲んでいるが良くならない」患者さんや「咳の薬を飲んでいるのに咳が収まらないどころか最近元気がない」患者さんです。
心臓が原因で起きる発咳は大きく末期に起こる血液の交通渋滞によるもの(肺水腫が代表)と、大きくなった心臓が気管や気管支を圧迫して起きるものがあります。これらは胸部のレントゲン検査と、必要であれば心臓の超音波検査によって程度を鑑別します。この際、連続した発咳によって起こる気管の二次変性(咳が起きていることによる炎症)に対して抗生物質等を処方する場合があります。同様に心臓の病気がある場合でも併発して気管炎や気管支炎を起こしている場合がありますのでこれら呼吸器系の薬を処方する場合があります。
ただ、気管や気管支に作用する薬には心臓に負担をかける薬もあります。前述した「咳の薬を飲んでいるのに咳が収まらないどころか最近元気がない」患者さんがこの例でした。

咳や心臓疾患を理由に来院される飼主様は「咳をよく起こす時間帯があるか」「咳をよく起こす動作(飲水時など)があるか」「咳は単発か、始まると続くものか」「夜寝ている時に咳をするか」をお家で見ていただけると診断の重要な手がかりになる場合が往々にあります。
お家での様子をよくご確認いただいて、可能であれば一分間の呼吸数を測って来院していただけると助かります。(病因では緊張から呼吸数は多くなりがちです。)
安静時の呼吸数の測定は、実は感度90%以上の非常に確実性の高い検査だからです。

よろしくお願い致します。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也