非常にお久しぶりです。

2016年11月7日

急な寒さに慌てて寒さ対策を始めた院長小野寺です。おはようございます。

 

しばらくぶりだなあと思って日付を確認してみると前回の投稿が4ヶ月前…。多分新記録じゃあないでしょうか?

お恥ずかしい限りです。

 

季節の変わり目らしく、最近は急な下痢・嘔吐、症状がひどい子の場合は食欲不振を呈して来院されることが多くなってきたと感じています。

食事内容を変更したなどの「思い当たること」がない場合は思わぬ所で下痢の菌や寄生虫を拾っている可能性もありますので早めにご来院いただければと思います。

 

さて、最近非常に困ったことが起きまして…。

診察室のパソコンが急に壊れてしまいました。特別な操作をしていたわけでもなく、皮膚用拡大鏡を使っている時にいきなりのホワイトアウトでした。

診察自体への影響としては

・診察室でレントゲン画像を確認することが出来ないため、レントゲン室のパソコン画面を見ていただくことになる。

・前回の診察時に記録のため撮影した画像をお見せすることが出来ない。

・皮膚用拡大鏡が使用できない。

・レントゲン画像を記録メディアに移してお渡しすることが難しい。(目下、方法を確認中です)

等が挙げられます。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也