診察予約についての院長独り言

2017年8月21日

お盆も過ぎ、半袖にもう一枚必要な時期になってまいりました。

今年は夏らしい、うだるような日が少なかったなぁ…と自分勝手な感想を感じる院長の小野寺です。こんばんは。

 

朝起きて朝食を摂り、午前の診察・手術をして昼食を摂り、午後の診察をして夕食を摂る。その後出かける生活をしている僕には、

そういえばそもそも外気温を感じる機会自体がないのでした。

まるでもやしか白アスパラですね(笑)

 

当院にて受診された飼主様はご存知かと思いますが当院は「半予約制」を導入しています。

開院当初の半予約制導入前はすごく混んでしまってお待たせする時間が非常に長い上、症状の重い動物に十分な時間がかけにくい状態になってしまっていました。

現在採用している半予約制は1件1枠30分を基本として診察していく方法です。

 

診察内容は全科診療ですので多岐にわたり、同様に診察時間も様々です。

例えば外耳炎治療の初期では15分位、外耳炎治療の観察基には5-10分位、血液検査による経過観察では5分位、

体調が悪く詳細な検査が必要な場合は30-60分位…といった感じです。

 

予約を最初にお入れいただくのは基本的に病態が安定している経過観察か、外耳炎の継続治療の動物が多いです。

次回の様子が予想しやすく、1-8週前に予約をお入れいただいています。

 

ですので当日に体調が悪い事に気づき、当院にご連絡いただいた際に「予約枠の空きがない」とお答えした場合でも、

診察治療の対応は可能な場合が多くあります。

もちろんそういった飼主様がたくさんいらした場合には、結局長くお待たせしてしまうことになってしまうのですが・・・。

 

結局、「当院での最も早い治療をご希望される場合には、すみやかにご来院いただき受付処理を済ませること」という最も単純なことに行き着いてしまいます。受診動物の重症度を事前に測れない全科診療のジレンマですね…。

 

それでも午前にいらっしゃた場合には午前中に、午後にいらっしゃった場合には午後の間に必ず診察をさせていただきます。

お時間がない場合には検査入院も可能です。

 

ちなみに診察開始時間の9時半と15時半にご予約いただいた場合には必ずその時間に診察を始めさせていただきますが、

以降の診察の順番は動物の病気の重症度などにより前後する場合があります。

9時半と15時半はお得な予約枠だなぁと思います。

 

極力お待たせせずに、それでもしっかりと診察していきたいと考えております。

何分1馬力(獣医師が一人という意味、ただし20時間ぐらいは病院にいます)なのでご理解いただけると幸いです。

 

初めて当院を来院される飼主様には、極力ご予約をお願いしております。

病状、症状の経過の説明もそこそこに検査・診察に入らざるをえない状況がありえてしまうからです。

動物への十分な診察・飼主様への十分な説明の時間が取れない事は当方も全く望むところではありませんので,是非ゆとりあるご予約をお願い致します。

 

もちろん各種ご事情によって直接ご来院いただいても全力で診察させていただきますが!

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 院長 小野寺史也