●●●新型コロナウイルス感染症対策について(必読)●●●

2020年4月13日

過ごしやすい気温の日が多くなってきましたが、世間は新型コロナウイルス感染症一色ですね。

外出自粛が叫ばれており、僕自身も外出・外食を控えています。肉のたかさご、ローソン、オリジン弁当に大変お世話になっています。院長の小野寺です、おはようございます。サウナに行きたいです。

 

待合室、診察室における密集・密室を避けるため、下記の予防対策にご協力をお願いいたします。

 

1,来院前には必ず電話で連絡を入れる。
2,病院に来る人数を最小限(健康な成人、動物1仔につき1名)にする。
3,来院時必ずマスクを着用する。(ない場合は受付へお申し出下さい。)
4,病院の出入り時にアルコールで手指の消毒をする。
5,院内での会話を控える。
6,待合室が混雑している時には、受付を済ませた後に外で待機する。
7,窓を開け換気しているため、キャリーのチャックは絶対に開けない。リードを絶対に放さない。
.
待合室の混雑を減らすため、体調の変化がない場合の内服薬は郵送いたしますのでご連絡ください。
ただし郵送に際してお時間をいただくため、余裕を持ってご連絡ください。
.
院内感染予防対策として
・飛沫の拡散予防のため、待合室のフリードリンクを撤去いたしました。
・密集状態回避のため、待合室の椅子数を減らし、隣り合わない配置にしました。
・院内で他者と共有する資料(チラシ・本など)を撤去しました。
.
また、平素より予約優先制にて診察していますが、待合室の混雑解消の為、特に直接のご来院を避けて下さい。
急がない診察内容(ワクチン接種、健康診断など)は延期をご検討下さい。
飼い主様の体調が悪い場合には時短診察も行いますのでお申し出下さい。
.
ご協力をお願いいたします。
.
小野寺動物病院 院長 小野寺史也