歯について(歯垢・歯石・歯周病)

2019年3月12日

やっと風邪が温くなってきましたね。寒いのが大っ嫌いなのであまり外出せずに3ヶ月ほど過ごしている小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんばんは。

今回は動物との生活でどうしてもつきまとってくる歯の問題について書きたいと思います。

いつものように結論を箇条書しますね。

・食肉目である犬猫の歯石沈着の速度は人の5倍以上である。

・歯垢の段階を過ぎた歯石はブラッシングでは除去できない。

・物理による研磨以上に有効な歯石対策は残念ながら存在しない。

・食肉目である犬猫は歯を失ってもあまり困ることはない。

…ということです。

以下に説明を書いていきますねー。

 

人にも歯はありますし、犬猫にも歯はあります。そのためついつい同じ様に考えがちです。しかしここに種別の大きな相違点があります。

人にはものを遮断するための門歯(前歯)、肉を噛み切るための犬歯、あまり硬くないものを砕くための前臼歯、硬いものを噛み砕くための臼歯があります。

このように多種類の歯を持っている理由としては、僕たちの祖先が雑食であることが大きな要因です。果物、木の芽、小動物、木の実など栄養にできる雑多なものを食餌にしていたことが多用途な歯を持つ理由です。特に十分な咀嚼を必要とする硬いものを噛んでいたことで僕たちの口腔には酸に抵抗するためのアルカリを分泌する必要がなくなりました。

 

一方肉食獣である犬猫の主食は肉や骨であり、消化を助けるために人にはない唾液腺を持っています。この唾液腺はアルカリ性であり、犬猫の口腔内をアルカリ性に保っています。酸は物を溶かし、アルカリは物に沈着します。このため犬猫には虫歯ができにくい代わりに速やかに歯石が沈着するのです。

 

近年、動物用フードが食餌の主流となり、犬猫の口腔内環境は劇的に変化しました。炭水化物が主体の食餌をすることで口腔内のpHはあまり変化することが無くなり、歯石の沈着速度が速まったのです。(これは人でも同じことが言え、人の口腔内は基本酸性ですので虫歯が増えました)

特にフードはビスケットやクッキーのような形状ですから一番奥の歯の後ろに留まってしまうのです。犬の舌は人のように器用にできていませんから口の周りを拭うことはできても歯の間にある異物を取ることはできません。(犬猫の舌は薄いですよね?ということは筋肉が少ないということで人ほど自由に舌を動かすことができないのです)

 

ですので歯垢・歯石の沈着を防ぐ最大の手立ては「毎日食べかすを取り除くこと」になります。

 

これがなかなか大変で、特に猫は口腔内が狭いため人の指が入ると違和感が強くなかなか掃除させてくれません。

犬も「ちょ、おい、やめぇや」とばかりに嫌がります。これらの対策として歯磨きになれるために小さな頃から慣れさせることは非常に有用です。

 

しかしもう十分大人のこの場合、やらせてくれない子のほうが多いのではないでしょうか?

そんなときに有用な方法が「食べかすが口腔内に残らない食餌」と「歯垢・歯石除去」です。

 

先に書いたようにビスケットやクッキーのように水が加わると粘土状になる食事が歯石の沈着を助長させます。それならばしっかり飲み込める食餌にすれば必然口腔内に食べかすは残りませんよね?そんな食餌が「肉の給餌」です。噛んでいれば少量の食餌は歯に残りますが、ほとんどの犬猫はおいしい食事は丸呑みします。ゆえに、口腔内に残さずつるっと食べてくれます。そもそも噛まなくても飲み込める大きさに切って与えることができるのですからビスケット状にさえしていなければ問題は少なくなることは道理ですね。

 

そして「溜まってしまった歯石をどうするか」という問題に対しては、

・怒らない子であれば無麻酔で歯石除去をする。当然歯周ポケットも掃除する。

・起こるこの場合、歯石除去の器具を噛むと歯が割れる危険があるため鎮静(意識を奪わない処置、麻酔よりも安全)下で歯石除去をする。

・抜歯の必要があるほど歯周病が進んでいる場合には全身麻酔下で抜歯処置と歯石除去をする。

という方法が対策です。鎮静処置は「動く気が起きないくらいダルいけれど痛みは感じる」状態ですので、痛みをわざわざ与えることは獣医療の精神に反します。

 

口腔内の様子を確認した上で治療方法を提案しますのでよろしければご相談ください。

動物が飼い主様の口を遠慮なく舐められるようにしてあげたいものです。「相手の口を舐める」行為は最大限の親愛の表現方法ですので。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

マイクロチップの埋入とAIPOへの登録について

2019年2月8日

一段と寒く感じる今日このごろ、聞けば極渦が拡大(崩壊)し、日本と北米を覆わんとしているとのこと。

季節柄、風邪やインフルエンザには気をつけたいものですね。院長の小野寺です。こんにちは。

 

今日はマイクロチップについてブログを書こうと思います。例によって結論を先に書きますと…

●マイクロチップの埋入はもちろん任意であるが、迷子や離別に備える方法としては最も確実である。

●マイクロチップの番号は事前に登録しておかないとほぼ役に立たない。

●マイクロチップの情報登録はAIPO(公益社団法人日本獣医師会)に行わなければならない。(FAM単独では不十分)

●マイクロチップ情報の登録用紙は動物病院にある。情報の変更は日本獣医師会に連絡する必要がある。

●マイクロチップの埋入は痛みを伴うため無麻酔で行うべきではない。

ということです。

以下に詳細を書いていきますね。

 

●マイクロチップの埋入はもちろん任意であるが、迷子や離別に備える方法としては最も確実である。

マイクロチップは生体にとって異物であることに疑いはなく、生体反応しにくい素材を用いているとはいえ副反応の可能性は0ではありません。しかし動物は「東京都中央区月島の〇〇さんの家に住んでるよ」と自身で証明する方法がありません。迷子札や狂犬病登録番号からたぐることも可能ですが、装着型の迷子対策は外されてしまえばそこで無効になってしまいます。

マイクロチップも外部から破壊したり摘出したりは不可能ではないですが装着型の迷子対策に比べれば確実と言えるでしょう。

 

●マイクロチップの番号は事前に登録しておかないとほぼ役に立たない。

マイクロチップは単独では「ただ埋入している」だけです。電気の負荷をかけた際に特定の番号を発信するだけのもので、ざっくりいうと「金額の変更ができないSUICAやPASMO」のようなものです。

マイクロチップの番号から飼い主様の情報(名前、住所、連絡先)を辿れないと意味をなしません。

 

●マイクロチップの情報登録はAIPO(公益社団法人日本獣医師会)に行わなければならない。(FAM単独では不十分)

今回のブログを書くきっかけは、ペットショップにて動物を家族に迎え入れた際に確実に「マイクロチップの登録」を行ったにもかかわらずAIPOに未登録である状態の子を連続して見かけたからです。

当院では初来院時にマイクロチップが入っている際には必ずAIPOで番号検索を行います。これは病院で控えた番号が間違っていないかの確認と、未登録を検出するためです。なお、もちろん無料です。

先にも書きましたがせっかくマイクロチップを埋入していても飼い主様を辿れなければ意味をなしません。

一般社団法人の検索サイトもあるようですが、マイクロチップの登録情報は公益社団法人日本獣医師会の行っている事業ですので「登録したつもりがAIPOに登録されていない」状況がありえます。これは未登録とほとんど変わりありませんのでご注意ください。

 

●マイクロチップ情報の登録用紙は動物病院にある。情報の変更は日本獣医師会に連絡する必要がある。

登録用紙は当院にご用意してありますし、正確な埋入日がわからなくとも番号を獣医師が確認した日付で登録が可能です。

必要項目を記入した用紙をお渡しし、飼い主様ご自身でAIPOに登録料1000円を振り込んでいただければ登録が可能です。実際に埋入を行っていない場合であれば、手数料などはかかりません。

登録内容の変更は

公益社団法人 日本獣医師会
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館23階
TEL.03-3475-1695 FAX.03-3475-1697
E-mail : mc@nichiju.or.jp

まで直接されてください。場合により、本人様確認書類が必要になる場合があります。

 

●マイクロチップの埋入は痛みを伴うため無麻酔で行うべきではない。

マイクロチップ埋入のための針は、最近少し細くなったとはいえ直径2mmを超えますので当然痛みを生じます。

当院では極細針による局所注射を行った上での埋入か、避妊や去勢などの中性化手術の際に同時に埋入する方法を推奨しています。痛いことや嫌なことは少ないほど良いですもんね。

 

マイクロチップの埋入に賛否があることは当然だと思います。

しかし「飼い主様のお家の動物の健康寿命を最長にする」ことを最大目的とする場合、迷子や離別のリスクを減らすことも有効な手段ではないかと思います。

マイクロチップの登録情報の確認はいつでも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

また、個人的にはhttps://mamorio.jp/のMAMORIOというデバイスを導入してみるのも手ではないかと思っています。

デバイスの位置情報をスマートフォンで確認できるというものです。

良ければご参考になさってください。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

 

 

 

 

 

2019年、謹賀新年。明けましておめでとうございます。

2019年1月1日

新年、明けましておめでとうございます。

 

年末のTV番組で目上の人に対して、「謹賀新年」は良いが「賀正」「迎春」「明けましておめでとうございます」はよろしくないと言っていたことを思い出して、あわてて本投稿に謹賀新年を入れ込んだ小野寺動物病院院長の小野寺史也です。

どの場合でも使える四字熟語は謹賀新年、謹賀新春、恭賀新年、恭賀新春、敬頌新禧とのことです。

正直謹賀新年以外目にしたことがありませんが、「新春」は「恭賀新春」を略した語だと聞いたときはなるほどと思いました。

どうやら「謹」「恭」「敬」などの目上を敬う語が入っていなければいけないらしいです。

ちょっとした雑学として使ってみてください。

 

本年も犬たちに、猫たちに、飼い主様方に力になれるよう尽力する所存です。

お困りのことなどがありましたらご相談いただけますようお願いいたします。

 

2019年が動物たちにも飼い主様方にも良い年になりますようお祈りいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

日常ケア(爪切り、肛門嚢絞り、足裏バリカン)の予約について

2018年12月26日

クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬といった感じですね。

今までも朝晩の冷え込みが辛いというのに明日からもっと本格的な冷気が日本を覆うようです。

風邪など引かれないようご自愛ください。

 

当院にて日常ケア(爪切り、肛門嚢絞り、足裏バリカン)をされている飼い主様にご報告があります。

従来でしたら日常ケア単独でもご予約を受けておりましたが最近の1日の診察数の増加を受けまして

「ご来院いただき時間が確保でき次第ケアをさせていただく」ということとさせていただきました。

極力お待たせしないよう診察と診察の時間などに処置させていただきますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

なお、日常ケア以外でご予約をとった診察中に、日常ケアを希望されることはもちろん可能です。

料金も「日常ケア全てで500円もしくは1000円、当日診察料金が10000円を超える場合には無料」といったシステムは

今後も続けていくつもりです。

 

一般身体検査、全身健康診断、歯石確認と除去希望などの診察と同時の日常ケアももちろん可能です。

 

なにかご質問等ございましたら当院までメール・電話にてお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也

年末年始の診察について

2018年12月7日

寒くなったなーと思っていたら「今日は10月並みの陽気です。」と言われ、その翌日「こんなもんでいいか。」と軽装ででかけたら激烈に寒い!と、気候変動に翻弄されている小野寺動物病院院長の小野寺史也です。こんばんは。

 

皆様、風邪など引かれないように気をつけてくださいね!

本日は12月の休日と、今書いた「風邪」について述べたいと思います。

 

本年度の年末年始休診は12月30日から1月3日までです。この期間電話は不通となります。メールは基本的に読みますが病院における対応は基本的に不可能ですので

ご留意ください。

また、お薬の処方などもできかねますので定期的な内服薬が切れてしまわないようにご注意ください。

 

「風邪」とは「明確に原因が定義できない、人間の、上部気道感染症を含む総合的感冒」のことです。

 

咳、熱、くしゃみ、倦怠感を起こし、診察において例えばインフルエンザウイルスが検出できない際の便宜的名称が「風邪」とのことです。

例えば単一細菌による感染症の場合、症状は細菌の傾向により明確に特徴が出ます。

そのようなことがなく、体のエネルギーを過度に浪費した際に起こる自律神経失調を含む、体調不良のそのすべてが「風邪」と呼ばれます。

もっと砕いて言うと「よくわからない体調不良のすべてが(風邪)」といえます。

 

 

そんな前提を書いたところで記述しますと、そもそも動物に「風邪」という定義が当てはまりません。

 

なので原則的には犬の咳・くしゃみを中心とする疾患群は「犬伝染性喉頭炎ウイルス症候群」となり、猫の場合は「猫伝染性鼻炎ウイルス症候群」と

なるわけですね。

これはそもそも「発熱」「上部気道(鼻や気管のこと)症状」「全身症状の不調」を取り出しただけのことです。

 

原因を明らかにすることはもちろん重要です。ただし、選択できる治療法が同じであれば診断的な治療を行うのも方法の一つと言えます。

臨床獣医療では、1日でも早く可能であれば安く、症状を緩和させ動物が幸せに暮らせるようにすることが重要だと考えています。

特別な治療法を必要とする疾患と鑑別し、必要十分な医療を提案することが大切だと思います。よろしければご相談ください。

 

何かありましたら当院までご連絡ください。

メール相談も随時受け付けていますのでご利用ください。

詳しい資料の画像データなどはHPの「お問い合わせ」からは送れませんので、onoderaanimalhospital@gmail.comまで直接送信されてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

小野寺動物病院 小野寺史也